MVNO(格安スマホ)とワイモバイルの比較

ワイモバイルよりお得!

【1GBまで無料で使える!筆者の先月の携帯代11円】

電話も無料で通話し放題!

>> 楽天モバイル

それでもMVNOではなくワイモバイルにする理由!


MVNO(格安スマホ)とIP電話

通話料金があと一歩のMVNO(格安スマホ)という記事を書きましたが、
その問題を解決できる方法があります。
それは、
IP電話(050の番 号)を使う方法です。

まず、MVNO(格安スマホ)のプランで、
音声通話(090や080の番号)の付いていない

データ通信のみのプランを選び ます。

そして、データ通信を利用して、
IP電話を使って通話します。

この方法なら、今、持っている090や080の
番号を050に変更する必要がありますが、
料金を安くする事ができます。


わざわざ、ワイモバイルの無料通話を使わなくてもいいと思います。

MVNO(格安スマホ)の料金比較
MVNO(格安スマホ)のデータ通信だけの料金は、
例えば、次のようになります。


MVNO(格 安スマホ)のデータ通信のみ料金比較
名 称 回線
月額料金
通信容量
BIGLOBE ドコモ 900円 3GB/月
BIGLOBE ドコモ 1,505円 6GB/月
Nifmo ドコモ 900円 3GB/月
UQ mobile au 980円 3GB/月
mineo au 980円 3GB/月

表を見れば分かるように、かなり月額基本料金を安く抑える事ができます。
実際に払う額は、表の料金に端末料金、消費税を追加した料金になります。

例えば、mineoならば、一番安い端末が1,400円なので、
月額合計2,380円で3GB/月になり、ワイモバイルより安くなります。

そして、mineoの場合なら、IP電話サービス
LaLaCallが 月額無料で使えます。
その場合、通話料金が携帯へは1分18円、固定電話へは3分8円になります。



ワ イモバイルの料金と比較して
ワイモバイルの基本料金+端末代が3,700円とすると、
mineoの場合、1,320円の余裕があるので、その分通話できます。
mineoから固定電話の場合、165分かけられるので、
それ以内ならMVNOの方が格安になります。

ワイモバイルと格安スマホ


ワイモバイル以外の格安スマホを選びましょう
ワイモバイルは、CMで1480円とうたっていますが、
実際に
その額で契約することはできません

おうち割といって、光ファイバに契約しなければなりませんし、
その場合も、
オプション料金がかかるので、結局おうち割の意味が
ありません。

そして、何より、
2年目から月額料金が1000円上がるというのも
ワイモバイルの特徴です。

一見安いと見せかけて、
沢山お金を取ろうとしているのが、
ワイモバイルです。そのような体質のある会社には契約しないほうが
いいです。もっと誠実で、
表に出ている料金を取る格安スマホはいっぱいあります。

UQモバイルなどは、
端末代まで込みの値段を出しています。
端末代が月額2000円ならば、ワイモバイルの場合、
2年目以降4980円
支払うことになります。

1480円との比較を良くして下さい。
実際には、もっとお金を取られるのです。端末代も無料なんて
いっていますが、実際にはお金がかかります。


ワイモバイルと格安スマホ

そして、他の記事にも書いたように、
LTEが常に入るようになったり、
テザリングが自由に使えるようになれば、

MVNO(格安スマホ)を使って、

IP電話あるいはLINEでの通話
という使い方も良いかもしれません。

ワイモバイルよりお得!

【1GBまで無料で使える!筆者の先月の携帯代11円】

電話も無料で通話し放題!

>> 楽天モバイル