ワイモバイルの悪い評判を徹底解説

ワイモバイルよりお得!

【無料通話もネットも込み込み】

格安でワイモバイルより通信量が多い!

>> 2GBでなんと月々980円(税抜)〜!【UQ mobile】

ワイモバイルの評判と実際に使ってみて

評判の悪いワイモバイル
このサイトでは、評判の悪いワイモバイルの実際のところを書いていきたいと
思います。まず、その前に、大手キャリアから自分がワイモバイルに乗り換えたとき
の話から書いていこうと思います。


大手3社を渡り歩き・・・
私が、ワイモバイルを使うようになった経緯、評判や実際に使ってみての
感想についてまとめます。

私は、元々J-PHONEというソフトバンクの前身を使っていました。
それから、学割が評判のAuに乗換え、10年以上使いました。

さらに、その後、なんとなくブランド力が評判なのかなと、
ドコモに変えて、4年になります。


今から振り返ると、どの会社の携帯やスマホを使っていても、
大した差は感じませんでした。評判をみても、ほとんど同じだと思います。

そして、よくよく考えてみると、トータルでとんでもない料金を
払っている事に気付きました。

168万円の買い物
例えばauの場合、スマホでパケット定額、通話が入って、
一番少ないパケット量の場合、税込み約7,000円です。
仮にこれをこの先、20年使うと仮定すると、
7,000円×12か月×20年=
1,680,000 円になります。

とっても、大きな買い物ですね。

一生使う事を考えると、もっととんでもない額になりますね。

ワイモバイルの評判

【ワイモバイルの評判】ワイモバイルとの出会い
そんなある日、2014年の8月に、ワイモバイルというブランドが
立ち上がる事を知りました。インターネットの会社で、面白そうだなと思いました。
パケット定額の基本使用料が、2,980円(2年間)という事で、auの場合に比べて、
半額以下になります。このときは、良い評判でした。


そして、当時使っていたスマホの契約切り替えが、
2015年4月だったので、それまでの間、ワイモバイル、格安スマホ
の評判等を調べていました。


評判について調べてみると、価格からすれば、
ワイモバイルが、断然お得なことが分かりました。
格安スマホも価格の点からすると、ワイモバイルより1,000円
程度安いものもありました。

月額基本料金だけでは、評判の格安スマホも
いくつかありました。結果から話すと別の格安スマホがお勧めです。
端末代も込みのUQモバイルや、料金の安いLINEモバイルなどです。


【ワイモバイルの評判】10分通話料無料(月に300回まで)
しかし、ワイモバイルには、パケット定額の他に
10分、300回までの無料通話が付いてました。
別の
評判の無料通話に関するページで詳しく説明しますが、格安スマホでも、
ある程度通話すると、すぐにワイモバイルの価格を超えてしまいます。


30秒20円の通話料が普通なので、月に25分以上通話すると、
ワイモバイルを超えてしまいます。


そんなワイモバイルの契約は、ワ イモバイルオンラインストア でする事ができます。


ワイモバイルを契約する場合、現在のところ、ネクサスシリーズがお勧めです。
使いやすく、ネクサス5なら価格も格安です。

ワイモバイルの料金プランとかかる費用について

ワイモバイルで出している評判の実際にかかる料金プランは、次の通りです。

ワ イモバイルの料金プラン
プラン
1年目の基本料金
2年目以降の基本料金 高速通信量
プランS 1,980円 2,980円 1GB
プランM 2,980円 3,980円 3GB
プランL 4,980円 5,980円 7GB

この他に、契約時に契約事務手数料が3000円かかります。さらに、端末代が月額かかってきますので
注意して下さい。何度も書いていますが、UQモバイルは、端末代も込みの値段になっています。
ここが評判の悪いワイモバイルの一つでもあります。実際に行っているよりお金がかかるのです。

さらに、2年ごとの
契約更新があり、途中で解約すると解除料として9500円の料金がかかります。

パケットは、2年目までは、上記の
2倍まで使うことができます。これは、私が契約したときにはなかった
サービスです。このように、ワイモバイルは後から入る人にやさしく、前から入っている人には何の得も
ないというものです。

通話は、評判のシステムで
10分まで無料になっています。10分を超えると、30秒20円の料金がかかります。
ですから、私は、よく10分になるとかけなおしたりしていましたが、なかなか
面倒な電話になります。

評判の無料通話ですが、
UQモバイルにもあります。おしゃべりプランというプランでは、5分までの通話が
無料になります。5分を超えた場合には、30秒20円の通話料がかかります。
UQモバイルには、ぴったりプランといって月60分から180分の無料通話があるプランがあります。
それらを超えると、30秒20円の通話料がかかります。

ワイモバイルの評判の無料通話ですが、
ラインモバイル にもあります。

ラインモバイルの場合には、月額880円で分の無料通話がつきます。
10分を超えた倍には、30秒10円の通話料がかかります。
ラインモバイルは、もともと
基本料金が1200円と安いので、よく通話する人は、
付けてもいいかもしれません。しかも現在、半年は基本料金が300円になります。

他の格安スマホも800円程度の料金を払って
10分の無料通話ができるものがありますが、
評判の悪いワイモバイルははじめから付いています。

あまり通話しない人や、長話する人は、他の格安スマホのほうがお勧めでしょう。

おうち割といってソフトバンク光に加入していると割引がされます。プランSの場合には、500円割引
されて1480円になります。これが、
CMでいっている価格になります。しかしこのおうち割、実際のところ
は、
割引になっていません。というのは、割引になるためにソフトバンク光で加入する際には、オプション
に入らなければならないからです。


このオプション料金が
500円よりしますので、実際には割引にはなっていないのです。
これが評判の悪いワイモバイルの理由です。
さらに、ソフトバンク光自体の値段もそれほど
安くはありません
こういうワイモバイルのお金を取ろうというからくりにひっかからないようにして下さい。

そして、ソフトバンク光自体の評判も良くなく、ケースによっては回線が遅くなる場合もあるので
注意して下さい。

評判の悪い家族割引というものもありますが、これは、
UQモバイルにもあります。
UQモバイルでは、プランを申し込んで2回線以上申し込むと2回線目が
500円の割引になります。
そして、このUQの家族割は、2年目以降も継続して適応されます。


悪い評判のワイモバイル


データの繰り越しができないワイモバイル


ワイモバイルの評判が悪い一つに
データの繰り越しができないということがあります。

ワイモバイルでは、プランによって月に1G、3G、7Gまで使うことができますが、
(2年目までは倍使えますが、それ以降はこの量なのでこの量で考えます)
その量まで行かなかった場合に、次の月に
繰り越すことができません

UQモバイルやラインモバイルなどは、3Gのプランで2Gしか使わなかった場合には、
1G繰り越されて次の月は、4G使うことができます。評判の仕組みです。
これは、かなり大きな違いになってくると思います。月によって使う容量というのは
違ってくるので、UQモバイルのように繰り越しができれば、少なく使った次の月は、
一つプランを下げておこうなんてこともできます。

しかし、ワイモバイルの場合には、
繰り越しがないので、毎月決まった量までしか
パケットを使うことができません。これが、ワイモバイルの評判の悪い理由です。

6000円近くも支払うプランLでは、7Gまで使えますが、7Gといっても動画を
みたら
あっという間に使ってしまいます。1日に何時間も動画を見たいという人に
とっては、足らないのではないでしょうか。さすが評判が悪いはずです。

ワイモバイルの評判の悪い速度制限


月の容量制限を超えて使った場合、
速度制限がかかりますが、
ワイモバイルの場合128Kbpsまで落ちます。
この128Kbpsという速度は、かなり遅いです。テキストが多めのホームページ
でも読み込むのに時間がかかります。これも悪い評判の一つです。

画像が多めのホームページを見ているときは、クリックしてから
しばらく待たなければなりません
動画は、もちろん見えません。

しかし、多くの格安スマホは速度制限が
200Kbpsです。
そして、
UQモバイルに至っては、300Kbpsまで出ます。評判の格安スマホです。
このワイモバイルとの差は、かなり違うのではないでしょうか。

UQモバイルであれば、
2倍以上速くホームページを読み込むことが
できます。ワイモバイルで4秒読み込むのにかかっていたものが、
UQモバイルであれば、
2秒弱で読み込むことができるということです。

速度制限というのは、月末よく起きることです。
この速度が2倍以上違うというのは、大きいのではないでしょうか。
評判の悪いワイモバイルですが、この差はあまり知られていないのではないでしょうか。

悪い評判のワイモバイル

速度制限に関する評判です。


評判の悪いワイモバイルは、速度を
低速に切り替えることができません。
通常使っていたら、高速なら
高速のままです。
格安スマホの中には、
低速に切り替えることができるものがあります。

例えば、今は、ホームページを見るだけだから
低速に切り替えておこうという
ことが、ワイモバイルではできません。

これができると、ホームページ閲覧、LINE、フェイスブックなどあまり
通信速度を必要としないものに対して、
パケットを消費することがありません
これが、評判の悪い理由の一つです。

そもそも、ラインモバイルは、ラインやフェイスブックなどは、
通信容量の免除がされるので、とても良いですね。

低速切り替えに関する評判は次の通りです。

やっぱり、低速、高速の切り替えはしたいですよね。
評判の悪い理由の一つです。

評判の悪いワイモバイルの2年後に訪れる悲劇


何度も書いていますが、ワイモバイルは、契約して2年後に
1000円基本料金が上がります
それだけでなく、通信容量も1G,3G,7Gと
半分に下がります。それまで、2倍の容量で慣れていた
状態で、突然容量が半分になるのはかなり
不便になるのではないでしょうか。

そんな心理をついているのが、
500円毎月払えば、容量が元のままになるというものです。
悪い評判のワイモバイルの
お金を取ろうという心理作戦です。

さらに、他には、2年後に
機種変更をすれば、容量は元のままになります。
しかし、ワイモバイルの端末代は高いのであまりメリットがありません。
私は、基本的にスマートフォンは、
4年以上使っても問題ないのではなかと考えています。

それだけの年月が経てば、
新しい性能のあるスマートフォンが出てきているかもしれませんが、
2年くらいでは
ほとんど性能も変わらない状態かと思います。
電池がなくなるのが速くなるというのが一番の変える理由かと思いますが、
電池を購入するというのも選択肢の一つではないかと思います。

それに、悪い評判のワイモバイルで買わなくても、ヨドバシカメラとかアマゾンとかで
購入した方が安く購入することができます。

ワイモバイルの店舗の評判


ワイモバイルには、大手三社ほどではないにしろ
実店舗が存在します。
なかなか、繋がらない評判の悪いカスタマーサポートなので、あるだけでもプラスではないでしょうか。
しかし、カスタマーサポートの対応は決して
よくありません。

それでは、店舗の実際の評判はどうなのでしょう。



悪い評判だけではないですが、やはり、平均すると良くなさそうですね。
ワイモバイルのカスタマーサポートは、
あまりあてにならなそうです

悪い評判のワイモバイルの電話のカスタマーサポートですが、1分10円かかります。
そして、その状態で、10分以上待たされます。ですから、実際に相談するまで、
100円以上のお金がかかると思って良さそうです。

カスタマーサポートの面からいうと、身に覚えのない通話について調べるのも
お金がかかるようです。しかもナビダイヤルで有料です。



ん〜。ワイモバイルは、お金を取ろうとする姿勢があるので、長い目でみてどうなのでしょう。
もっと良心的な良い評判の格安スマホはいくつもあるので、そういう会社にとって変わってくるのでは
ないでしょうか。


ワイモバイルの評判についてのまとめ

さて、ワイモバイルの評判についてまとめてみました。

ワイモバイルの悪い評判

価格の評判(2Point)

ひと月あたり1GBまでの通信定額で、評判の2,980円になります。(1年間だけ1980円!)
大手3社に比べて、半額以下に なります。 そして、2,980円の価格の中には、
10分通話料無料(月に300回まで)の特典が付いています。

価格の評価を2にしたのは、実際には、
端末を購入するので、月に4,000円弱になる事。
又、24か月以上経過すると、定額料金が、3980円になる事が理由です。


格安スマホの中では、料金の高い方だと思います。
また、おうち割をしたとしても、安くなった分、光ファイバの方で
オプション料金を払わなければならないので結局割引はされません。

もともと、評判の悪いワイモバイルは安いというイメージをつけておいて、
2年目から
沢山お金を取り、割引もされないという体質をもった会社です。
料金に関しては、格安スマホにも関わらず低評価です。

大手3社とワイモバイルの料金比較をした詳細はこちら。


又、ワイモバイルを使って、

パソコンやタブレットをネットに繋ぐテザリング
というものも無料で使う事ができます。

これって、使い方によっては、家の光ファイバ等が要らなくなる事も!
テザリングの詳細は、こちら。

評判


電波の繋がりやすさの評判(5Point)
ワイモバイルは、ソフトバンドのプラチナバンドという高速ネットワークを使う事ができます。
それに加えて、ワイモバイルの前身であるイーモバイルのネットワークもあり、
ワイモバイルの電波については、実は、満足度が高いです。

山や地下鉄なども含めて、ほぼ100%の人口をカバーしています。
具体的には、エリア検索をする事でどれくらい入るか検索する事ができます。


山梨の地方にある場所に、

父の所有するau端末でインターネットアクセスをしようとすると、
たまに繋がらない事があり
ますが、私のワイモバイルは、
一度も繋がらないという事がありませんでした。


電波の繋がりやすさという面でも、
ワイモバイルの良い評判になるかと思います。

ワイモバイルの電波についての詳細はこちら。

ブランド力の評判(4Point)
2014年に誕生したワイモバイルですが、実は、
会社としてはソフトバンクが運営しているブランドになります。
ですので、ブランドとしても大手3社の評判と比べて大差がありません。

ワイモバイルブランドについての詳細はこちら。
評判

そして、端末もネクサスシリーズを始め、豊富なラインナップがあります。
しかし、携帯会社が根に持っているお金を沢山取るという体質が変わらない
のでその他の格安スマホにした方がいいと思います。

ただし、これだけお金を取ろうとする悪い体制のワイモバイルですので、
今後悪い評判が広まり下がる可能性はあります。


信頼性の評判(2Point)
端末やネットワークの信頼性もソフトバンクという事があり、料金を
ユーザーから巻き上げようという感じが出ているので信頼できません。
おまけに
お金を沢山取るということは前には出さず安いというイメージを
作っています。

実際には、一番軽いプランでも2年目以降は、2980円かかり、
無料とうたっている携帯端末代もかかるので、月額2000円だった場合、
4980円が月額かかることになります。

これは、もはや格安スマホといっていいのでしょうか。


通信速度の評判(5Point)
通信速度についても、LTEという高速通信が使え、75Mbps以上でます。
実際に使っていても、動画もサクサク動きます。
又、山梨の地方部で、1%程度は、3Gという中速度の回旋になる事があります。
それでも、使っていて遅いと感じる事はほとんどありません。

つまり、速度に関しての評判も大手3社に引けを取らない
のではないでしょうか。

ワイモバイルとUQモバイル
通信速度は、とても速いです。
どちらも、通信速度にかんしては、評判が良いです。

2018年7月の通信速度ランキングでは、
どの時間帯も評判の
UQモバイル がダントツの一位です。

データの使い勝手の
悪い評判のワイモバイルを使うよりは、
UQモバイルや安いLINEモバイルなどがお勧めです。

UQモバイルとワイモバイルの速度は、どちらも同じくらい速く、
もう使っていて
差を感じることは無いと思います。

だから、データの繰り越しがあったり、
端末を安く購入できるUQモバイルが推すすんです。

仮に使いすぎて、
速度制限にあってもなかなか楽しめる詳細はこちら。

もちろん、他の格安スマホでも通信速度は、大手三社のものを使っているので
問題ありません。

しかし、この使いすぎたときの
速度制限ですが、ワイモバイルの場合、
128Kbpsしかでません。その他の多くの格安スマホでは、200Kbpsまで
でます。この差は、随分大きいかもしれません。



対応の良さの評判(2Point)
ワイモバイルにも、電話でのカスタマーセンターがありますが、まずすぐに
出てくれません。
10分以上待ってくださいという音声が流れ、その状態で、
もっと待たされます。なかなか出ないということで、利用ユーザーに対して
カスタマーサポートの
人員が十分でないと思います。

ワイモバイルをかつて使っていたとき、10分の無料通話なので、10分かけて
待って、また切って、またかけなおすというようなことをよくやっていました。

カスタマーサポートの質もそんなに評判良くないです。

さらには、問い合わせをする際には、
有料の料金がかかります。
通常カスタマーサポートは、フリーダイヤルで無料のところがあると思いますが、
ワイモバイルの場合には有料です。

また、契約についても
2年の縛りがあります。2年ごとの自動契約がされ、
2年後にMNPや解約をしないで、別の月に解約をすると9500円の
解約料
かかります。

私もワイモバイルを解約したくても、この解約料がかかるので、
数か月
解約することができませんでした


評判の格安スマホの中には、2年の契約などはないところもあります。

ワイモバイルのカスタマーセンターの詳細についてはこちら。

ワイモバイルのお申込みは、
ワイモバイルオンラインストア より!

【ワイモバイルの評判】ワイモバイルの申込みステップ


ここでは、ワイモバイルに乗り換える方法をステップでお伝えします。
思っている以上に楽に乗り換えができちゃいます。
その他の格安スマホも同じように乗り換えができます。
ワイモバイルではなく、他の格安スマホに乗り換えましょう。

ステップ1
大手3社に契約している方は、契約の会社に電話をします。
ドコモの場合なら携帯から151へ、auならば0077-75470、
ソフトバンクは携帯から*5533へ連絡します。

そこで、「MNPをしたいのですが」と伝えるとMNPのための番号を伝えてくれます。
私はドコモの場合で、4分程度で終わり、
その他に解約手続きをする必要は無いとの事でした。



ステップ2
2日以内に、オンラインストア又は、店舗で契約手続きをします。
住所や電話番号、クレジットなどの基本情報を入れるだけですので、
こちらも10分以内に終わります。

ステップ3
3日以内に免許証等の本人確認書類を送ります。
本人確認書類は、運転免許証、日本国パスポート、マイナンバーカード(個人番号カード)、
身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳、特別永住者証明書です。

これらの証明書は、自分で写真を撮るかスキャナでスキャンし、アップロードで送る事もできます。
写真も撮って数分で送る事ができます。

クレジットカードの名義と申込み氏名、本人確認書類の住所氏名と申込み内容が
あっている必要があります。


ステップ4
出荷完了メールが届き、スマホが配送されます。
送料は、無料で最短当日発送されます。


ネクサス5

SIMだけ購入した場合には、SIMが届きますので、
今まで使っていたスマホにSIMを挿入するとすぐに使うことができます。

SIMをスマホに入れたら、
ワイモバイルに電話すると回線の
手続きが1時間程度で終わり、
新しいスマホが使うことができるようになります。
放置しておくと、1,2日で自動で新しいスマホに切り替わりが行われます。

私は、評判のネクサス5を購入しました。
タップ動作もシンプルで使いやすいです。
ネクサス等の端末についての詳細は、こちらから。

さあ、あなたも一緒にワイモバイル生活を楽しみましょう!

それでも気になるあなたに、
ワイモバイルを使ってみたマイナス点についてはこちら。

ここまで、ワイモバイルの評判について
みてきましたがいかがですか?

ワイモバイルにして、数年後、
浮いたお金(4年で約14万)で
新しいスマホを買ってもいいですし、素敵な時計を買ってもいいですし、
彼女にちょっと高めのアクセサリーを買ってあげる事もできます。
そんな
ワイモバイルスタイルを楽しんでみては。

ワイモバイルの評判

格安スマホの評判に納得された方は、
ただ、何となく
毎月払っているスマホ代に ついて、
ちょっと足を止めて考えてみてはいかがでしょうか。

評判のワイモバイルには、

8日間のお試し期間があります。
まず試してみるだけでもいいと思います。
きっと、「あれっ?ドコモと変わらなく繋がるな」

そう感じると思います。


実は、お勧め評判の格安スマホも!


【評判のワイモバイルよりお勧めの格安スマホってしってますか?】

大手3社より断然お得なワイモバイル。

しかし、評判のワイモバイルよりさらに安い格安スマホというものをご存じですか?
ドコモやKDDIの回線を借りてサービスしている会社があります。

 

最近、CMで評判のUQ Mobileや、フリーテル、ラインモバイル等。
CMに出ていない会社も含めると多数存在します。

評判のラインモバイルやニューロモバイルは音声通話機能も込みで、
1200円程度と破格の安さで、評判です。
評判の悪いワイモバイルは、2年目以降2980円ですから、比べてとても
お得な事が分かります。

一か月あたり1980円の場合、評判の悪いワイモバイルの2980円と比べて、
1年で12000円、10年で12万円の違いになってきます。

スマートフォンは、毎月支払うものなので、積み重ねでこの差は大きいです。
さらに、評判のUQモバイルの場合、1980円でスマートフォンの端末代
も込みの値段になります。

これは、相当安いです。
私のおすすめとしては、ワイモバイルではなくUQモバイルなどの
格安スマホがいいかなと思います。

 

評判の格安スマホの魅力を知ったあなたは、
もうひと押しして格安スマホも調べて見てはいかがっでしょうか?

回線は、大手会社の回線を使っているので安心ですし、
私は、ラインモバイルも使っていますが、速度も申し分ありません。
使える携帯も充分満足いけるものです。

携帯の会社が必要以上にお金を取っているのが分かります。

 

各社のスマホとワイモバイル

悪い評判のワイモバイルのここに気を付けよう!


ワイモバイルは、評判の10分間の無料通話もついて、月額1480円なんて
少し安い感じで宣伝していますが、これが
気を付けなければいけません

さらに、もっと言えば、1480円というのは、格安スマホの
中では
まぁまぁな値段です。

それほど使わない人ならば、ワイモバイルの評判の10分電話無料
がなくて、
1290円なんていう格安スマホも存在します。

それでも、まぁ、10分間の無料通話がついているなら安いですが、
ここがワイモバイルの気を付けなければいけないところです。

それは、ワイモバイルの月額安い料金は、契約してから
初めの1年だけということです。

ワイモバイルの評判

今やっている、1480円の料金プランも
2年目以降は、
月額2480円になります
。CMなどでも1年目だけの料金を前面に
出していますが、実は、2年目からずいぶんと値段があがります。
ホームページでも小さい文字で書いてあります。

格安スマホの中にもワイモバイルと同じように、
1年目が安く
2年目から値段が上がる
というものがありますが、
上がらないラインモバイルなどもあります。

ですから、契約するときには、そのプランは上がるのか、
上がらないのかしっかりと確認する必要があると思います。

評判の悪いワイモバイルの気を付けたい点は、ワイモバイルという会社の
体制です。
まず、お客にお金をかけようとしません。カスタマーの評判は悪いです。

店舗にもスタッフの人数は、
少なく、電話のカスタマーサポートも
必ず
10分以上待たされます。ひどいときは、30分以上待つことがあります。

それだけ、カスタマーサポートにお金をかけていないのだと
思います。お客にお金をかけないという点で
長期的に見て、
あまりお勧めの会社ではないということが分かります。

やはり、カスタマーサポートの根本がもう良くないのですね。
評判が良くないです。

ワイモバイルの端末の評判を見てみよう!


ワイモバイルの端末は、
少ない中から選ばなければならないのが現状です。
iPhoneが2種類、Andoriodスマホが、Android oneなど含めて12種類の
計14種類になります。
iPhoneも最新機種ではなく古い型のみになります。評判が悪い理由の一つです。
悪い評判のワイモバイル

一方で、格安スマホで有名な評判のUQモバイルを見てみると、28種類のスマートフォンが
ホームページには掲載されています。
とにかく、ワイモバイルはソフトバンクの会社なので、
ソフトバンクをメインに製品を
考えているのではないでしょうか。

最新機種をどんどんワイモバイルに展開するということはあまり、ないのではないでしょうか。

そして、価格もワイモバイルは
割高に設定されています。
iPhone6sが購入できますが、価格は
約7万円程度になっています。
しかし、価格ドットコムで見ると、
約5万5千円で販売されています。

ワイモバイルの割引が適応されてようやくとんとんです。
もはや、ワイモバイルは格安スマホではないのではないでしょうか。悪い評判です。

一方、評判の
UQモバイルは、価格ドットコムの最安値と同じくらいで販売されています。
iPhone6sが、乗り換えで一括購入すると
5.9724円で販売されています。

端末からみても、
UQモバイルの方がお勧めですね。評判です。

新しいiPhoneをどこかで購入して、ワイモバイルで使うことは、できます。
ですから、ワイモバイルで少し前のiPhoneでしかも割高で買うよりは、
ヨドバシとかアマゾンで最新のものを購入した方がいいでしょう。

また、中古ショップやオークションなどで購入した
SIMロックを解除した
auやドコモ、ソフトバンクのiPhoneをワイモバイルで使うことはできます。

評判の悪いワイモバイル

SIMロック解除とは、スマートフォンを特定の会社でしか使うことができない
制限を解除することをいいます。
SIMロックされた端末では、他社のSIMカードを入れても動くことができません。

2015年の総務省のガイドラインにより、SIMロック解除が
義務付けられました
これにより、キャリアを変えてもスマホを変える必要はなく、
SIMを新しく差すだけで使うことができます。

これによりキャリアを変えても新たな端末を購入する必要がなく
ランニングコストを安く抑えることができます。

また、海外にいったときも、合うSIMを端末に差すことで、スマホを
海外で使うことができるようになります。

SIMロック解除には、手数料がかかる場合があります。SIMロック解除を
インターネットから申し込めば無料でできますが、電話やショップでの解除を
してもらう場合には、3,240円の解除料がかかります。

そして、キャリアの異なるSIMカードを使う場合には、注意が必要です。
通信方式が、
auは、CDMA2000という方式を使っており、ドコモとソフトバンク
は、WCDMAという方式を使っているので、それぞれ違う通信方式のSIMカードを
使う場合には注意が必要です。

これは、格安スマホでも同じことで、ドコモ系なのか、au系なのかによってきます。
ですから、格安スマホに乗り換えるときは、長い付き合いを考えて選んだ方が
いいと思います。

私は、すぐにお金をとろうとする
評判の悪いワイモバイルはやめ、
安く良心的な他の格安スマホにしました。これからもずっとその会社を
使っていこうと思います。

ソフトバンクのスマホを
SIMロック解除すれば、ワイモバイルで
利用することは可能です。しかし、LINEモバイルなど他の格安SIM
で利用することもできます。

わざわざ料金の評判の悪いワイモバイルにするよりは、
その他の誠実な格安スマホにしたほうがいいと思います。

ワイモバイルの評判のSIMだけを購入


ワイモバイルの端末は、購入せずに中の
SIMカードだけを購入する
こともできます。そすうれば、今まで使っていた評判の端末を使ってSIMカードを
入れ替えることができます。

SIMカードだけ契約するメリットは、
月額の料金を安くすることが
できるという点です。端末を新しく購入するとそれだけで、
月に支払う額が2000円とか高くなってしまいます。

スマートフォン端末が、そんなにすぐに壊れることは無いので、
継続して利用するのはお勧めです。

ただし、他のキャリア、au,ドコモ、ソフトバンクで使っていた端末に
SIMロックがかかっていると使えないので、解除する必要がある
場合があります。

SIMロック解除は、
WEBでの申し込みが手数料がかからないので、
オススメです。

評判の悪いワイモバイルの家族割


ワイモバイルには
家族割というものがあります。
ワイモバイルを2台目家族で持つと
500円の割引が適応されます。
これは、割引が適応されるのは2台目以降の端末に対してです。

しかし、UQモバイル などにも家族割は、あり、必ずしもワイモバイル
特有の強みというわけではありません。

何かとお金を取ってくると評判のワイモバイルよりかは、
他の格安スマホにした方が良いと思います。

ちなみにこれまた評判の悪いおうち割という光と同時にワイモバイルに契約すると
割引されるものがありますが、この家族割と一緒に使うことができません。

ワイモバイルには、
シェアプランというものがあり、
最大3台の別のタブレットなどに
パケット量をシェアすることができます。

スマホプランSとMでは、そのための料金がかかりますが、
スマホプランLでは無料で使うことができます。

悪い評判のワイモバイル


しかしわざわざお金を払って親回線の通信量を分けてもらうならば、
無料の
テザリングで使った方がいい気がします。

これも評判の悪いワイモバイルのお金を取ろうというところが
出ているのではないかと思います。


ワイモバイルの評判の留守番電話サービス!


留守番電話のサービスは、ワイモバイルにもあります。
3分までのメッセージを
30件まで、72時間保存しておくことができます。
料金は、
無料で使うことができます。

さらに、多くのメッセージを長い期間保存したいという人には、
留守番電話プラスというサービスがあります。
月額300円で、3分までのメッセージを100件、最大7日間保存することが
できます。

ワイモバイルの評判の割り込みサービス!


誰かと通話しているときに、別の人から通話がかかってきた場合に、
その新しい人の通話を取ることが出来るサービスがあります。

このサービスは、申込が必要で
月額200円かかります。
ちなみに、
UQモバイルの場合は、データ高速+音声通話プラン、データ無制限+音声通話プラン、ぴったりプランS/M/L、おしゃべりプランS/M/Lを契約している人は申込み不要で無料
割り込みサービスを受けることができます。

割り込みサービスでも、UQモバイル の方が一歩リードですね。
評判です。

ワイモバイルの評判のVoLTE!


ワイモバイルの端末は、対応しているものなら、
VoLTEという音声通話が利用可能です。
VoLTEとは、
超高速通信サービスによる音声通話ができるものです。
高速の回線を使っているので、品質の良い音声を聞くことができるというものです。

ワイモバイルのサイトに、それぞれ
普通の音声通話の音とVoLTEとさらに改良したもの
が再生して聞くことができます。

通常の音声は、いわゆる電話のこもった音ですが、VoLTEや改良したものは、
音がとてもクリアです。何かスピーカーで聞いているようなクリアさがあります。

このVoLTEを使うのには、端末が対応していれば、
無料で使うことができます。

ちなみにUQモバイルでも、VoLTE用のSIMを契約することで、
VoLTEを利用することができます。

評判の良いVoLTEは、ワイモバイルでもUQモバイル でも利用することができますね。

ワイモバイルの評判のナンバーブロックサービス!


一度かかってきた電話で、次回
拒否したい場合に、着信をブロックすることが
できるサービスがあります。
携帯電話、一般電話、PHS、公衆電話を
ブロックすることができます。

利用するには、
月額100円支払えば利用することができます。
UQモバイルにも迷惑電話撃退サービスというものがあります。
通話を終了した後に、特定の番号へかけると次回からその通話ができなくなります。

いつ拒否したいか分からないものに、毎月お金を払わなければならないのは、
さすがワイモバイルといったところです。悪い評判の一つです。

ワイモバイルの評判のグループ通話サービス!


通話中に
別の人に切り替え、交互に通話することができるサービスです。
最大6人まで通話することができます。

月額200円でサービスを利用することができます。
通話料は、
発信者の負担になります。

まぁ、グループ通話ならば、ラインなどで無料でできるので
どこまで使う人がいるか疑問なところはありますが、
月額200円は少し高い気がします。

評判のUQモバイルにも3者通話サービスというサービスがあります。
通話中にもう一人通話を増やし3人で通話することができるサービスです。
こちらは、留守番電話、3者通話、迷惑撃退サービスがパックになった
電話基本パックというものに入ると利用できます。

電話基本パックは、月額380円です。

ワイモバイルの評判のモバイル迷惑電話チェッカーサービス!


あらかじめワイモバイルユーザーが
拒否した電話番号がサーバーに保存されていて、
そこに登録された番号から電話がかかってきた場合に、
迷惑電話の可能性があるという
通知がくるサービスです。

このモバイル迷惑電話チェッカーサービスを利用するには、
月額200円の支払いが必要です。

ワイモバイルユーザー
みんなで登録した番号なので、
振り込め詐欺の電話などをあらかじめ察知でき、
電話に出ないでいることができます。

しかし、必ずしも詐欺の電話だけでなく、
友達で出たくないから登録したというような場合には、
友達からの電話でも迷惑電話かもと出てしまいます。

この評判のサービスを使うか使わないかは、
あなたの用心次第かもしれません。


ワイモバイルの悪い評判の快適モードサービス!


ワイモバイルの
快適モードサービスとは、通信容量制限を超えた場合、
自動で繰り上げをしてくれるサービスです。

容量は、
500MB増加ごとに500円かかります。
通信容量を超えたときに、いちいち設定をする必要なく自動で
追加をしてくれるというサービスです。

使いすぎを防ぐために、自動繰り上げの
回数制限を付けることが
できます。何回までは、自動で繰り上げするという設定です。

このサービス一見、親切に見えますが、ワイモバイル特有の
お金を取ろうという姿勢が見えてきます。悪い評判の一つです。

500MBで500円ですから、2回更新したら、
プランSだった場合、
プランMにした方が容量を沢山使えます。
それだけ、
割高なサービスと言えます。

ちなみに、評判のUQモバイル には見たところ自動で繰り上げする
サービスは見当たりません。ワイモバイルより
良心的と言える
のではないでしょうか。

繰り上げしたいときは、都度設定が必要です。
UQモバイルの場合には、500MB500円の他に、
100MB200円というちょっとだけ追加できるものもあります。

ワイモバイルの評判ソフトバンクWifiスポット!


ソフトバンクが運営する
Wifiスポットを利用することができます。
全国のJR主要駅や空港、カフェなどソフトバンクが運営する
公衆無線LAN
を利用することができます。

利用料金は、
無料で使うことができます。

悪い評判のウィモバイル

私は、セキュリティの点から、公衆無線LANはなんとなく使うのに
抵抗があります。なので、スマートフォンは、家にいるときは無線LANに
アクセスして、外出時は、
キャリアの回線を使うというのが一番いいかなと
思っています。

評判のUQモバイルにも、株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレスが運営する
公衆無線LANを利用することができます。
利用料金は、
無料で使うことができます。

また、さらに、UQモバイル には、
ギガぞうというVPNを使った
公衆無線LANアクセスができるサービスが開始しています。
VPNを利用しているので、
セキュリティの上で安心して使うことが
できます。それだけ、自分のアクセスに他の人が干渉しにくくなります。

利用には、
月額500円かかります。
お金はかかりますが、大事なパスワードなどを守ることができるので
いいサービスだと思います。

ワイモバイルの評判のデータシェアプラン!


スマートフォンとタブレットそれぞれで、ワイモバイルのスマホプランS/M/LまたはデータプランS
で契約しているような場合に、
月々のパケット量を分け合うことができます。

例えば、スマートフォンで3Gのプランに契約し、タブレットで1Gのプランに契約している
ときに、スマートフォンの容量が余った場合に、その
余った分をタブレットで使うことが
できる
サービスです。

このサービスを利用するのに、申込みは必要で、月額
無料で使うことができます。

しかし、スマートフォンとタブレットで複数契約するのは、どうかと思います。
ワイモバイルのお金を取ろうというところに惑わされていると思います。
それなら、スマートフォンをプランLで契約して、タブレットは、
テザリングした方が
安く済みます。

スマートフォン3Gとタブレット1G契約した場合、2980円と1980円かかるので、
合計
5000円近くかかります。一方、スマートフォンでプランLに契約した場合は、
4980円で、
7Gまで使うことができます。

このあたりは、ワイモバイルがお金を沢山とろうというサービスだと
思います。評判の悪い理由です。

ちなみに、評判のUQモバイル には、複数SIM間でのデータ容量シェアは
できないです。ワイモバイルのように、お金を取ろうという姿勢が無いですね。

ワイモバイルの評判のMassive MIMO!


Massive MIMOという次世代の高速ネットワークが準備されています。
5Gと言われる技術で、
繁華街など人が集まるところでも高速に
インターネットにアクセスすることが可能になります。

Massive MIMO(マッシブ マイモ)は、それぞれ
個人ごと
回線を準備するので、高速にアクセスすることができます。

これまで、一本の道路に複数の車が走っていたところに、
車ごとに
専用の道路ができるようなものです。
なので高速になります。

現在、4Gの端末では対応できています。

利用するには、もちろん無料で利用することができます。評判です。

ワイモバイルの評判の安心安全サービス!


ワイモバイルには、オプション
月額500円で評判の安心安全サービスが
用意されています。それは、
スマートフォン基本パックというものです。
基本パックには、2種類ありますが、ここではより多くパックされている
スマートフォン基本パックSというサービスについて紹介したいと思います。

スマートフォン基本パックSは、
ウィルスから守るサービスや
ネット詐欺を見破るソフトなどが入ったパックになっています。

まずパックに含まれているのが、
スマートセキュリティという
アンチウィルスソフトです。Macafeeというソフトが入っています。
インストールされたアプリや、添付ファイル、マイクロSDなどから
侵入するウィルスを防ぐ役割があります。

このパックに入らなくても、アンチウィルスソフトは必ず入れておいた方が
いいですね。無料のものもあるので、必ず入れるようにしましょう。

次にパックに入っているのが、
Internet Sagiwallというソフトです。
これは、ネットでの
詐欺サイトやフィッシングサイトを事前に検知して
教えることができるソフトです。

次にパックに入っているのが、
留守番電話プラスというサービスで
留守番センターで
100件留守番電話を保存することができるサービスです。
通常月額300円かかるサービスです。
うーん、よほどこのサービスが加入者がいないのでしょうか。

悪い評判のワイモバイル

次にパックに入っているのが、
紛失ケータイ捜索サービスです。
紛失してしまったスマートフォンをセンターがおおよその位置を
伝えてくれるサービスです。
このサービスは、あると便利ですね。

次にパックに入っているのが、
評判の位置ナビというサービスです。
子供が持っている携帯が
どこにあるのか知ることのできるサービス
です。通常月額200円かかるサービスです。

次にパックに入っているのが、
みまもりマップというサービスです。
家族間での位置情報の交換、
災害時に位置情報や安否情報を交換する、
必要な援助要請などができるサービスです。
うーん、
電話やラインで十分な気もしますが、ついてくるなら
いいかという感じです。

次にパックに入っているのが、
評判の安心遠隔ロックサービスです。
スマホを
紛失したときなどに、遠隔でロックしてくれるサービスです。
このサービスは嬉しいですね。


次にパックに入っているのが、
一定額ストップサービスです。
携帯の利用料金が一定額を超えた場合に、超えたことを通知し、
発信を停止するサービスです。通常は、月額100円かかるサービスです。
子供のスマホなどの管理に良いのでしょうか。

次にパックに入っているのが、
割り込み通話サービスです。
通常電話をしているときに、
別の人からかかってきた電話を
受けることができるサービスです。通常200円かかるサービスです。

次にパックに入っているのが、
グループ通話サービスです。
誰かと電話しているときに、他の人を通話に参加させ、
最大6人で通話することのできるサービスです。通常200円かっかります。

ここまで沢山のパックが入っていますが、どうも評判の悪い加入者が少ない
サービスをまとめてしまったという感じがあります。

評判の
UQモバイルにも安全安心のパックがあります。
UQモバイルは、ワイモバイルのように寄せ集めではなく、
本当に
安心安全のためのものというのが分かります。

UQモバイルにあるパックは、
UQ安心パックというものです。
こちらも
月額500円で入ることができます。

UQ安心パックには、まず
UQ安心サポートというものが付いてきます。
UQ安心サポートとは、スマートフォンやインターネットなどに関する
疑問
に答えてくれるサービスです。スマートフォンの
初期設定や、アプリの設定
インターネットアクセスなどに関して答えてくれるサービスです。

通常のキャリアのカスタマーサポートではしてくれないところを
カバーしてくれているのでうれしいですね。

次に、UQ安心パックに入っているのが、
クラウドバックアップという
サービスです。これは、スマートフォンのデータを
クラウドにバックアップ
してくれるサービスです。スマートフォンに保存しきれないという悩みを解決する
だけでなく、機種を変えたときの
移行にスムーズになります。

データ容量を節約するために、クラウドにバックアップするのは、
Wifiにアクセスしたときだけになります。

最後に、UQ安心パックに入っているのが、
UQ SNSセキュリティです。
UQ SNSセキュリティは、WEBサービスやアプリの個人情報へのアクセスを
検知してお知らせするサービスです。

このサービスは、あると安心ですね。個人情報を盗み取られるのを
防ぐことができます。評判です。

UQモバイルの方がユーザーのためのを思ってサービスを作っているのが
分かります。やはり、ワイモバイルは、お金のためというのが見えてきます。

ワイモバイルの評判の故障安心パックプラス!


ワイモバイルには、評判の
故障安心パックプラスというサービスがあります。
故障安心パックプラスとは、
故障水没、紛失などに関するスマートフォンの
保証をしてくれるサービスです。

インターネットに潜むウィルスに感染した場合の補償や、データが無くなってしまった
場合の
復旧をしてくれるサービスもあります。

月額690円で利用することができます。
評判の補償サービスですが、少し値段が
高いような気がします。
サービスの内訳を一つずつ見ていきましょう。

まず、サービスについているのが、
故障保証サービスです。
自然にスマートフォンが壊れてしまった場合に、無料で修理をしてくれる
サービスです。水没や故意に壊した場合などは、保証外となります。
月額690円も払っているならこれくらいは、ついていてほしいですね。

次にサービスについているのが、
破損保証サービスです。
これは、
外装が壊れてしまったときに、外装を取り換えてくれるサービスです。
最大1500円の負担で交換してくれるサービスです。

ワイモバイルのスマートフォンを4年とかずっと使うなら、
あって嬉しいサービスかもしれないですね。

次にサービスについているのが、
交換保証サービスです。
自然故障などで故障した端末を、新品同様の機種と交換することが
できるサービスです。
交換料金は、機種によって変わり、iphone5sや一部のAndorid oneなどは、
7500円で交換することができます。

iphoneSEでは、
10000円で交換でき、iphone 6sの場合には、
12500円で交換することができます。

かなり何年も使って自然故障してこの値段で交換できるなら一瞬お得に思えます。
しかし、月々700円くらいを支払っているので、2年間支払った場合には、
16000円くらい支払っていることになります。

2年くらいで故障した場合に、
新品と交換できるなら、まだ嬉しいですね。

悪い評判のワイモバイル

次にサービスに入っているのが、
水漏れ・全損保証サービスです。
これは、水漏れなどで故障した端末を修理してくれるサービスです。
修理にかかる費用は、
5000円です。

ただし、修理の対象は
本体のみで、電池などの付属品は
対象外とのことです。

まあ、水漏れなどで故障してしまったときに5000円程度で直せるなら
嬉しいかもしれないですね。

次にサービスに入っているのが、
盗難・紛失保証サービスです。
端末を盗難や紛失してしまったときに、端末を
会員価格で購入することが
できるサービスになっています。


次に入っているサービスが、
電池パック無料サービスまたは
内蔵型バッテリー交換修理割引サービス
です。

1年以上端末を利用しており、1年以上故障安心パックプラスに
入っている場合、故障した場合、
電池パックを一つプレゼントされます。
電池は、すぐに消耗していくので、このサービスは嬉しいですね。

無料プレゼントは、
申込制なので、権利が発生してから1年のうちに
申込をしないともらえません。

また、バッテリーが本体に内蔵されている携帯電話を使っている人には、
故障による
交換サービスを一律3000円割引で受けることができます。

次にサービスに入っているのが、
セキュリティトラブル補償という
サービスです。セキュリティトラブル補償とは、
不正アプリのインストールなどで、
端末の挙動がおかしくなったときに、専門業者にウィルスの駆除サービスを
受けた時などにかかる
費用を5000円まで負担するというものです。

悪い評判のワイモバイル

サービスを受けられるのは、年間1回5000円までとなっています。
ただしアラートが出たのにインストールしたなどのときは、補償の対象外と
なっています。

まあ、アプリを入れておかしくなったときなどは、基本的にスマホ自体を
再インストールした方が良い気がしますけどね。


次にサービスに入っているのは、
データ復旧支援サービスです。
水没、水漏れ、破損などによるトラブル時の復旧を無料で行うサービスです。

水没などで
電源が入らないようなときに、データを復旧することができます。
媒体は、USBまたは外付けハードディスクになります。
利用頻度は、
年に1回までとなっています。


これらのサービスが、もしこのパックに入ってなかったらいくらかかるのか
知りたいところですね。3年間このパックに入っていると、
3年で2万4000円
くらいを支払っていることになります。その分の値段を考えると故障したら、
新しい端末に買い替えた方がお得な感じがしますね。

ちなみに、UQモバイルにも
端末補償サービスがあります。
端末故障時の
交換や修理紛失時の補償サービスが含まれています。

料金は、
月額380円で入ることができワイモバイルよりかなり安いです。

サービス内容は、端末が故障した場合に、
端末を交換できるサービスが、
自然故障の場合、1年目は、月額なしで
無料で交換することができます。
2年目以降は、
1回目は5000円で交換することができます。2回目は、
8000円
で交換できます。

ワイモバイルは、1回だけでしたが、UQモバイルは2回まで交換できます。

そして、
部分故障や水漏れ、全壊の場合も、1回目は5000円で、
2回目は、
8000円で交換することが可能になります。

この保証は、新しい端末がこれだけ安い料金で手に入るなら
嬉しいですね。

さて、
修理の場合の補償は、自然故障の場合、1年目までは月額無料で
無料での修理をしてくれます。
2年目以降は、
上限を5000円で、修理をしてくれます。

部分故障や、水没、全壊の場合は、修理費用が
上限5000円
修理してくれます。

また、修理の際に
代替機を利用する場合、1000円で利用することが
できます。

さて、さらに盗難や紛失した場合には、
1万円の補償があります。
UQモバイルで端末を購入する際に、1万円引きになります。

こう考えると、補償はしっかりしているし、ワイモバイルより
安く入ることができるのでお勧めです。


ワイモバイルで評判のフィルタリングサービス!


子供に有害なサイトを見ることができないようにする
フィルタリングサービス
が評判のワイモバイルにはあります。
利用するには、月額
無料で利用することができます。
ワイモバイルが、文部科学省と協力して作ったサービスになります。

有害なサイトを見られないようにするというのは、
あってもいいかなというサービスですね。

評判のUQモバイルには、
あんしんフィルター for UQ mobileとして同じように
フィルタリングしてくれるサービスがあります。
UQモバイルの場合にも、利用するのは
無料で利用することができます。
申込は必要で、
専門のアプリをインストールする必要があります。

UQモバイルの場合には、小学校、中学校、高校、高校プラスの
4段階
フィルタをかけることができます。
例えば、アダルトサイトや暴力的なサイトは、どの段階も遮断しますが、
SNSのコミュニケーションは、高校プラスの段階では許可します。

UQモバイルの場合は、Wifi環境でも機能します。

細かい設定ができるので、UQモバイルは嬉しいですね。

ワイモバイルで評判の請求書発行サービス!


ワイモバイルの利用に伴う、毎月の
請求書明細を郵送してくれる
サービスがあります。利用するには、個人の場合、
月額200円かかります。
利用開始には、申込が必要です。

以外に、毎月の利用って、電子的なものだと
チェックしなくなりますよね。
それが、紙で届くとチェックするようになるので、
通話料とか通信量などの
確認にはいいかもしれませんね。

しかし、月額200円というのは、少し高いように感じます。

ちなみに、UQモバイルには、請求書発行のサービスはありません。

ワイモバイルには、この他に
利用明細サービスというものがあります。
月々の通話の明細、つまり、
通話時間や通話相手の電話番号、通話料金など
が分かるようになっています。また、
通信量の明細も分かるようになっています。
つまり、通信種別や通信量などが分かるようにあります。

利用するには、個人の場合
月額200円、法人の場合100円かかります。

悪い評判のワイモバイル

ワイモバイルの評判の連携サービス


スマートフォンや携帯をタブレット端末と
連携することができます。
連携させて、スマートフォンや携帯での
新着お知らせがあった場合に、
タブレットにも通知する機能があります。

その他には、スマートフォンや携帯で
閲覧していたページ
タブレットにも引き継ぐことができるものがあります。

また、スマートフォンや携帯電話にかかってきた
電話番号をタブレットに
も引き継ぐことができます。

タブレットを仕事などでメインで使っているときには、利用する
こともあるかもしれません。利用するには、
無料で利用することができます。

ただ、スマートフォンや携帯は常に持ち歩いていると思うので、そこまで
連携はしなくてもいい気はします。

ワイモバイルの評判の呼び出し音!


ワイモバイルには、ワイモバイルのスマートフォンや携帯に発信した場合に、
通常の呼び出し音の前に
固有の音を鳴らせることができ、
着信を判別することができるようになります。

申込みは、
不要で無料で利用することが可能です。

着信が分かるのは、嬉しいかもしれないですね。

UQモバイルもそうですが、端末側で着信音を変えておくことが
できるので、これで十分という意見もありますね。

ワイモバイルの評判のお財布ケイタイ!


おサイフケータイは、お店の読み取り機にかざすだけでお金のやり取りができて
しまう便利なケータイ、スマホです。
小銭を持つ必要がなくなるだけでなく、ポイントカードも持ち運ばなくて
良くなります。

お店や電車の改札などでおサイフケータイを使うことができるようになります。

万が一、携帯やスマホを失くしてしまったり、盗難にあったときには
おサイフケータイを
遠隔でロックすることができるようになります。

遠隔ロックがあるのでセキュリティの面からも安心です。

いちいちポイントカードを出さなくても、スマホをかざすだけで、
マイレージやポイントがつくのでとても便利です。

ちなみに、UQモバイルから販売されているスマホからも
現在
5機種、おサイフケータイの機能があるものがあります。

ワイモバイルの評判の国際サービス!


ワイモバイルの端末を
海外でも同じように、電話、メール、インターネットが使えるようになる
国際ローミングのサービスがあります。

利用するには、申込みが
必要で、利用料金は無料で使うことができます。
提供している国は、アジア、ヨーロッパ、アメリカなど世界中で使うことができます。

データ料金は、
海外パケットし放題というプランで、
25MBまでは、1日あたり
0円〜1980円、25MB以上なら
1日あたり
2980円で利用することができます。

正直、この値段ならば、海外のSIMをレンタルで借りて使った方が
安いかもしれません。

国際電話は、申込不要で無料で利用することができます。
電話の仕方は、+または010に国番号で最後に電話番号で
かけることができます。

電話料金は、ハワイまで
30秒で36円、アメリカ本土で30秒39円
中国や台湾、韓国へは、
30秒で99円となっています。

昔に比べたらかなり安くなっていますね。
しかし、海外の人とは、
メールやSNSでやりとりして、
電話するよりは
Skypeなどで通話すれば無料で通話することができますね。

国際SMSも利用することができます。海外の携帯電話に対して、
SMSを送ることができます。送るには、
1通あたり100円で送ることができます。
申込みは、不要で無料で利用することができます。

ちなみに、UQモバイルも国際電話と国際SMSを利用することは、
可能です。料金もワイモバイルと同じような形になっています。

悪い評判のワイモバイル

ワイモバイルの評判の出張サポート


パソコンやワイモバイル端末の利用や設定などについて分からないときに、
出張サポートをしてくれるサービスがあります。

利用するには、
出張費3000円プラス利用ごとの料金で利用できます。

利用は、例えば、
パソコンのセットアップ、つまり開梱、設定、
インターネット設定やメールの設定などをしてくれるサービスでは
一般料金は5000円かかるところをサービスに加入していれば
3000円
でサポートが受けられます。つまり、出張費と加えて
6000円になります。

他には、
ワイモバイルの端末を利用したインターネットアクセス
方法やモデム設定内蔵ソフトウェアについても
3000円でサポートを
受けることが可能です。

ちなみにUQモバイルには、
おまかせサポートというリモートでの
サポートと出張サポートが受けることができます。

おまかせサポートは、
月額350円で利用することが可能です。

インターネットの接続設定や、プリンタなどの設定の他、
スマホの利用に関するサポートを受けることができます。

ワイモバイルの評判のスマートセキュリティ for android powered by Norton


ワイモバイル端末の
ウィルス対策だけでなく、盗難や紛失時の遠隔ロック
電話着信やSMSの
拒否など端末を安全安心に使うことができるソフトになっています。

このノートンにより作られたアンドロイド向けソフトを使うことができるには、
月額300円で利用することができます。

このソフトの機能は、まず、
マルウェア対策をしてくれます。
マルウェアのスキャン、新規ダウンロード時のスキャン、SDカードのスキャンを
してくれます。このことにより、アプリを
ダウンロードする前に事前にスキャン
し、被害が出るのを未然に防ぐことができます。

また、すでにインストールされているアプリとアプリの更新もスキャンをして、
被害が出るのを防いでくれます。

次にある機能は、
盗難対策です。まず、ロックをすることができるようになります。
ロックをすることで、盗難されても利用されることがなくなります。

また
紛失時に、その端末の位置を地図上に表示することができます。
電池が無くなる前に、位置を保存することができます。

ワイプという紛失時に、遠隔で、デバイスやSDカードに保存されている
データを削除し、工場出荷状態に戻すことができる機能もあります。

盗難時などに、
遠隔で撮影をすることで、その場所の特定をすることが
できるようになる機能もあります。

悪い評判のワイモバイル

次の機能として、
個人情報保護の機能があります。
まず一つ目に、特定の電話からの
着信拒否や、特定のSMSを遮断する
ということができるようになります。

また、インターネットにアクセスしているときに、
フィッシング詐欺やワンクリック詐欺などへのアクセスを自動で
遮断し、
個人情報を守ってくれます。

他の機能としては、
連絡先をバックアップしてくれて、端末を
紛失したときも復元することができるようになっています。

他には、Wi−Fiスポットで、
攻撃を受けるのから守ってくれます。

また、
デバイス診断をしてくれて、ハッカーから端末への
侵入が無いように処理をしてくれます。

ちなみに、UQモバイルには、
UQ SNSセキュリティといった
SNSに特化したセキュリティサービスがあります。
SNSと連携した
アプリ
を探し出し、連携を切ったりしてくれます。
個人情報を保護してくれるものです。

ちなみに、
ウィルスソフトだけなら、月額300円も払わなくても
もっと安く良いものが手に入ることができます。
データのバックアップも無料ソフトで良いものが出ています。

ワイモバイルの評判EM Wifiスポット by エコネクト


駅やカフェなどで高速インターネットにアクセスすることができる
公衆無線LANサービスがあります。

この公衆無線LANを利用するには、
月額362円で利用することが
できます。

例えば、
毎日駅で利用するなどで、ワイモバイル回線を使って容量
を使っている場合などは、こちらの方が安く済むかもしれません。

利用するには、下の表示があるところで利用することができます。

悪い評判のワイモバイル


この公衆無線LANは、株式会社エコネクトが運営するもので、
最大300Mbpsの通信を得ることができます。
これだけの速度が出るならば、動画を見ることもできると思います。

主な設置場所は、JRの駅、空港ラウンジ、スターバックスや
マクドナルドに設置してあります。


ちなみにUQモバイルには、
Wi2 300 for UQ mobileはUQ mobile
という公衆無線LANを利用することができます。

こちらの公衆無線LANですが、なんとオプション
料金無料で利用することが
できます。公衆無線LANでもUQモバイルの方が一歩リードですね。

またUQモバイルには、
セキュリティの心配な公衆無線LANを安心して使う
ことができる
ギガぞうというサービスがあります。
これは、公衆無線LANでの通信を
VPN通信という暗号化された通信に
することができ、個人情報を守ってくれます。

利用するには、
月額500円で利用することができます。

ワイモバイルの評判の分計サービス


ワイモバイルには、電話の発信先や種別によって
請求先を変えることができる
サービスがあります。この電話は、
個人の自宅に請求、この電話番号は会社に請求
ということができます。

利用するには、一つの分計ごとに
200円支払うことで利用することができます。


一つのスマホや携帯で個人用と会社用と
分けることができるのは、
嬉しいサービスですね。
会社によっては、社員に携帯を配布している会社もありますが、
そうでない会社にとっては利用価値があるかもしれません。

ワイモバイルの評判の安全運転モード

 

ワイモバイルの携帯に対して、
運転中の場合に、相手に現在運転中のため
出ることができないということを
伝えるサービスがあります。

留守番電話サービスと合わせて使うことで、運転中のメッセージを
受け取ることができるようになります。

利用するには、
無料で利用することができます。

利用する方法は、車のマークなどを
長押しすることで
利用することができるようになります。

運転中であることを伝えることができるのは、
嬉しいですね。スマホにもあるといいのですが。


ワイモバイルの評判のYahooプレミアム for ワイモバイル


ワイモバイルの通信料金には、
Yahooプレミアムに入る権利も入っています。
Yahooプレミアムに入るとヤフーでの買い物のときに
ポイントが5倍貯まります。

さらに、
10万円補償というものがあり、返品補償配送トラブル補償、
旅行のキャンセル補償、破損補償、修理補償、盗難補償など年間で最大
10万円までの補償を受けることができます。

ワイモバイルとヤフーは関連しているので、こういったプラスのサービスを
受けることができるのですね。ポイントが
5倍になるのは、それなりに嬉しいですね。
でもその分、通信料を安くしてくれたらとも思いますね。

Yahooプレミアムには、他に
漫画や雑誌を読み放題できるサービスもあります。
雑誌は、
100冊、漫画は1万冊も準備されています。

その他にも、ヤフーに
容量無制限でデータをバックアップできるサービスもあります。

さらには、てもみんや、温野菜、牛角、ロッテリアなどの
クーポンも充実しています。


ちなみにUQモバイルには、
月額908円で、音楽配信を得ることができます。
アジアや邦楽を中心とした音楽を配信している
KK BOXや、レコード会社が運営している
音楽配信
レコチョクなどがあります。

悪い評判のワイモバイル

ワイモバイルの評判のパケットマイレージ


ヤフーのサイトを使うほど
パケットマイレージというものがたまっていきます。
このパケットマイレージとは、ある程度貯まると、
翌月のパケット容量を増加させる
ことができるようになります。

パケットマイレージが
80〜199マイル貯まると500M翌月に無料でプラス
することができます。パケットマイレージが、
200〜399マイル貯まると1G
400〜599マイル貯まるとなんと5G,600マイル以上貯まると無制限
利用することができるようになります。

まあそれほど使わない人であれば、1Gを目指して貯めるのもいいかなと思います。

評判の悪いワイモバイル

パケットマイレージを貯めるには、
ヤフーのページにログインしたり、買い物をしたり、
くじで当たったりすると貯めることができるようになります。

マイルの獲得条件は、まず
個人の契約であること、そして、ワイモバイルの電話番号と
ヤフーIDが連携した
登録をしていること、ワイモバイルサービスを利用していることです。

マイルの貯まり具合ですが、ヤフーを利用するとプランSの場合1マイル
ショッピングは1回すると
10マイル(月に100マイルまで)、マイルくじは1等が200マイル
5等が
2マイルという具合です。

毎日使い続けて、年に1,2回マイレージが使えるという感じでしょうか。
ワイモバイル評判のものですね。


ワイモバイルの評判のEnjoyパック


ワイモバイルのサービスです。毎月ヤフーショッピングで使える
500円クーポン
ヤフーショッピングの
ポイント10倍パケット500円分が毎月もらえるパックです。

このパックは、
毎月500円で入ることができます。
ヤフーショッピングをよく使う人ならば、お得かもしれないですね。
また、
パケットを超えて使うという人も、500円分のパケット料金が付いてくるので、
お得です。

ヤフーショッピングのポイントは、ワイモバイルならば
5倍のポイントがつきますが、
このEnjoyパックに入っていると
さらに5倍のポイントが付き、合計10倍のポイントになります。
もし、ヤフーカードを使うならば、
12倍のポイントがつきます。

ショッピングサイトのポイントって結構大事ですよね。
しかし、ショッピングサイトならば、まあ
アマゾンか楽天で使う人が多いのではないでしょうか。

また、Enjoyパックに入ってもワイモバイルが入っている
ヤフープレミアム
対象です。ですので、買い物補償や、漫画読み放題、データのバックアップは
引き続き利用が可能です。


ワイモバイルの評判のY!mobile メール


ワイモバイルのメールを取得することができます。
Y!mobile メールといって、
アドレスは、
******@yahoo.ne.jpとなっています。
容量は無制限で保存することができ、期間も無制限で保存できるものになっています。

利用するには、申込は
不要で無料で使うことができます。

キャリアのメールがあるのは格安スマホにしては珍しいですね。
しかし、携帯ではなくスマホになっているので、
Gmailなどを使う人の方が
増えてきているのではないでしょうか。

もし自分のように契約する会社を変えてしまった場合、もうワイモバイルの
メールを
使うことはできなくなってしまいます。
そう考えると、いつまでも続けて使うことのできる
Gmailは素晴らしいなと
思います。

とはいえ、ワイモバイルのメールもいろいろ機能があるようなので見てみたい
と思います。

まず、
添付ファイルは自動でスキャンしてくれウィルスチェックをしてくれる
みたいです。また、迷惑メールも
自動で振り分けをしてくれるようです。
これらの機能は、どちらもGmailにもありますね。

また、受信したメールを自動で転送する
自動転送機能や、受信したメール
に自動で返信する
自動返信機能もあるようです。

メールは、
アプリでもブラウザでも見ることができます。

また、アプリで見る場合には、メールを
リスト型で見るか、ラインのように
会話型で見るか選ぶことができます。

また、Y!mobile メール、ヤフーメール、Gmailなど複数のアカウントをアプリ
一括管理することができます。

悪い評判のワイモバイル

ワイモバイルの評判を見てみよう!



ワイモバイルの評判をまとめてみました。

やはり、使ってみて納得していない人は結構いそうですね。

ワイモバイルの満足度が格安スマホの中で最下位というのは、使っていた私も納得です。
もう被害者が出てほしくないので、ワイモバイルに契約するのだけはやめて下さい。


あまり、ワイモバイル入らないという状況もあるのですね。

ワイモバイルのカスタマーサポートは、評判通り本当に悪いですね。
ワイモバイルが、お客にお金を使っていない証拠です。
他の良心的な格安スマホにしたほうがいいと思います。




ワイモバイルよりお得!

【無料通話もネットも込み込み】

格安で評判のワイモバイルより通信量が多い!

>> 2GBでなんと月々980円(税抜)〜!【UQ mobile】